アルビオンのストーリー

section headline image

地獄の悪魔

厳密には、悪魔はアルビオン内の派閥ではない。彼らは厳密にはアルビオンで生活または居住してはいない。しかしながら、アルビオンの歴史に与えた影響、そして幾度となくこの世界へ侵入してきたことを鑑みれば、彼らを無視するのは愚かなことであろう。

アルビオンではこちら側へやってきたごろつきの悪魔に出会う可能性があり、モルガナの弟子のために働いていればよく遭遇することになるだろう。

Imp.png

小鬼

最小の悪魔である小鬼は、ほとんどの時間をより大きな同胞から隠れて、またはそういった同胞に手荒に扱われて過ごす。小鬼は最強のクリーチャーではないが、そのかぎ爪と歯はたいていの相手がひるむほど鋭い。しかし彼らは射程において最も恐ろしく、飛び上がって敵に火を吐く。また、小鬼は形勢を対等にする魔法を有しており、闇の呪文を使って獲物を自分たちのレベルに引き下げる。

一部の小鬼たちは、モルガナの弟子によって奉仕させられている。色が暗めで、よりずる賢い傾向にあり、無防備な放浪者をアルビオンの道から外れさせて悪魔の領域に誘い込む。
詳細を表示
表示を小さくする
Fiend.png

悪霊

悪霊は最もありふれた悪魔である。たいていは魔界でしか遭遇することがないが、隙あらばアルビオンに飛び込んでくる。悪霊の見た目は人型であるが、長いかぎ爪が先端についた腕と分厚く岩のような皮膚を持つ。悪霊が魂を蓄積することによって時間と共に進化し、最終的に魔王になるという説がある。一方、悪魔が変化することはなく、悪霊は単に憎しみのささいな現れとして存在しているだけだという者もいる。

悪霊はまた、モルガナの弟子の奴隷になることもある。悪霊のふるまいは小鬼とは異なり、また色は抑えられているが、その他のあらゆる点においては両者は似ている。
詳細を表示
表示を小さくする
Gatekeeper.png

番人

番人はすばらしい力をもつ、大きな悪魔である。他の悪魔と異なる特徴は、アルビオンにとどまる能力である。

番人はこの自由を利用してアルビオンを歩き回り、より多くの悪魔が後に続けるよう下準備をしている。番人が殺され、その体が裂けて地獄へ戻される際には、愚か者に対しても道を行かんとする勇敢な者に対しても、魔界への道がさらけ出される。
詳細を表示
表示を小さくする
Demon Lords.png

魔王

比較的小さい悪魔は遠目には人間と間違えられるかもしれないが、魔王が見間違えられることはないだろう。身長は7メートルにも達し、4本の腕と3つの頭を持ち、怒り狂う血潮のように皮膚から溶岩が漏れ出した姿は、まるで悪夢を見ているようで、目にした者の心にいつまでも残り続ける。

魔王は悪霊の進化形か、はたまた悪魔の一団か何かが完全に融合したものなのか。遭遇したら、そんな馬鹿げた質問で時間を無駄にしている暇はない!
詳細を表示
表示を小さくする